過去FX

【サヤ取り FX会社と通貨の選定】スワップ差の大きい組み合わせを探そう(2019年1月)

はせひろ(@hshr_05)です。

2018年はEUR/NZDをSBIとDMMの組み合わせでおいしくサヤ取りできました。

しかし、2019年に入るやいなや 10円/日 程になりました。おいしいとはいえませんね。。。

したがいまして、サヤ取る通貨とFX会社を新しく選ぶことにしました。

 

サヤ取る通貨とFX会社の選択基準

スワップポイント差

サヤ取り通貨を決める上で最重要なことがスワップポイントの差です。

これを調べるには、FX会社各社のスワップカレンダーを一つずつ確認していきます。(割と時間のかかる面倒な作業です。)

通貨自体の素のスワップポイントが大きい通貨の方が差が大きくなりやすいです。『TRY/JPY』がその筆頭に挙げられます。

買いと売りのスワップが同じくりっく365方式のFX会社はマイナススワップが少なく、この売り(マイナス)側のポジションを建てるのに向いています。DMM FXがこのタイプです。

証拠金

証拠金が少ない通貨の方がいいです。少なければその分多くポジションを持てるのだから当然ですね。

証拠金はレートとレバレッジから計算されます。レバレッジが25倍とすればレートの低い通貨が証拠金が少ない通貨になります。

レートが低いといえば『ZAR/JPY』や『MXN/JPY』、さらには『TRY/JPY』もいいですね。

為替変動差

サヤ取りは両建てという性質上、為替価格の変動で2つの口座合計では損益は出ません。

しかし、含み損が大きくなったときにロスカットされる可能性もありますので、そうならないように資金管理が必要になります。

為替変動差が大きいほど含み損は増えるので、資金管理に気をつかわなければいけません。

したがって、サヤ取りは為替変動が少ない通貨である方が良いといえます。

スプレッド

長期でポジションを持つことを考えたらそれほど気にする必要はありません。

しかし、スプレッドが小さければ利益が出るまでの時間が早くなり、気軽に決済することができます。

したがって、スプレッドは低いにこしたことはないといえます。

 

以上の条件を踏まえて、2019年1月現在、私が考えたサヤ取りの最良の組み合わせはコレです。

通貨 : トルコリラ円(TRY/JPY)

買い : みんなのFX

売り : GMO FXネオ

結局トルコリラに落ち着きました。

 

トルコリラ円 2018年の実績

『みんなのFX』のスワップポイント

みんなのFX』のスワップポイントは1ヶ月分しか確認することができません。

2018年には、「トルコリラは高スワップポイントが魅力」とトルコ人の帽子をかぶった鈴木奈々ちゃんの広告をよく見ました。その広告に「トルコリラ円 買スワップ120円」という記載があったのを記憶しています。(110円の時もあったと思います)

 ということで、2018年の『みんなのFX』のトルコリラ円の平均スワップは115円だったと仮定します。

『GMO FXネオ』のスワップポイント

2018年の『GMO FXネオ』のトルコリラ円の1ヶ月毎の平均スワップポイントです。

平均スワップポイントは86円でした。

(最低値9月と最高値11月のスワップポイントの差は36円とかなり大きく、不安定なのが少し気になります)

2018年、1年間サヤ取りしてたら。。。

みんなのFX』 : 115円

GMO FXネオ』 : 86円

1日のサヤ取り額 : 29円

1年間のサヤ取り額 : 10585円

Oh。。。1年間も見逃していたのが悔やまれる数字がでました。

 

トルコリラ円 サヤ取りについて

『みんなのFX』と『GMO FXネオ』のトルコリラ円のスペック

2019年1月のサヤ取り額です。約36円/日と高額です。

証拠金 (おおよそ)8000円
為替変動差 300pipsくらいかな?
スプレッド みんなのFX : 1.7銭
GMO FXネオ : 1.9銭

両社ともスプレッドが低いのがうれしいです。

必要資金

トルコリラ円を1万通貨サヤ取るのに必要な資金を考えます。

証拠金に約8000円必要です。

為替変動には300pipsくらい耐えられればまぁ大丈夫でしょう。したがって、為替変動に備えて3万円が必要になります。

合わせて約4万円が必要になります。これを『みんなのFX』と『GMO FXネオ』両方の口座にいれます。

さらに為替変動が300pipsを超えそうなときにすぐにFX口座に入金ができるように、銀行口座に2万円おいておきます。

結果、私が考えるトルコリラ円を1万通貨サヤ取るのに必要な資金は10万円としました。

期待する利益

36円/日だとすると年間13140円、運用資金10万円に設定しているので年間利回りは13%になります。

スワップポイントはあっさり変わるので、どれくらいの利益がでている間は継続するのか最初に決めておくことといいです。

私は年間利回り5%(13.7円/日)以上なら続ける価値は十分あると考えています。

サヤ取り額がこれよりも少ない額になったら、別の運用方法に切り替え時かなと思います。

 

ちなみに。。。

ちなみに次点で『みんなのFX』と『GMO FXネオ』での南アフリカランド円(ZAR/JPY)のサヤ取りも考えました。

10万通貨でのスペックです。

スワップ差 40円/日 (1月の平均)
証拠金 (おおよそ)32000円
為替変動差 100pipsくらいかな?
スプレッド みんなのFX : 1.8銭、GMO FXネオ : 1.0銭

いいかなーと思ったのですが、スプレッドが大きすぎました。

ポジションを持った時点でマイナス2800円からのスタートになりますので、プラスに転じるまでの期間は70日です。。。長すぎるかなー。。。

 

とりあえずまずはトルコリラ円でのサヤ取りから始めます。

【サヤ取り トルコリラ】実績報告(仕込み編)はせひろ(@hshr_05)です。 トルコリラ円(TRY/JPY)のサヤ取りでどれほどの利益がとれるか定期的にレポートします。 ...