FX

【サヤ取り メキシコペソ円】2019年7月~12月 期間169日で終了

サヤ取リスト はせひろ(@hshr_05)です。

メキシコペソ円(MXN/JPY)のサヤ取り実績報告であります。

期間 : 2019年7月16日~12月31日(169日間)

総損益額 : +10,030円

トルコリラ円のサヤ取りもやっています。

【サヤ取り トルコリラ円】2019年1月~2020年3月 期間402日で終了サヤ取リスト はせひろ(@hshr_05)です。 トルコリラ円(TRY/JPY)のサヤ取り実績報告であります。 トルコの金利...

 

メキシコペソ円サヤ取り方法

1万通貨をサヤ取るのに必要な資金を考えます。

必要証拠金

メキシコペソの価格が5円台後半なので、証拠金に約2400円必要です。

為替レートの変動に備えた資金

過去3年間(2016年7月から2019年7月)のデータ

FXneo Platinum Chart Plus

最安値 : 4.96円(2016.11.7)

最高値 : 6.42円(2017.7.17)

週足での最高変動幅 : 0.83pips(2016.11.7)

このデータを元に、為替レートの変動に備えていくら必要かを考えます。

1週間で最も動いたときが0.83pipsなので、為替変動に備えて8300円あれば十分だと考えました。

1万通貨サヤ取るのに必要な資金合計

証拠金2400円、為替変動8300円、合わせて10700円が必要になります。

これを買いと売りの両方の口座にいれます。

FX口座間の資金移動が円滑にできるように、銀行口座に3000円ほどおいておけば安心です。

結果、私が考えるメキシコペソ円を1万通貨サヤ取るのに必要な資金は25000円としました。

 

メキシコペソ円サヤ取り実績

サヤ取る口座を変えるたびに、1Seasonとして区切っています。

Season1

*1Lot = 1万通貨
*土曜日に反映されるスワップポイントは翌週の月曜日分とする

期間 : 2019年7月16日~8月30日

買い口座 : セントラル短資

売り口座 : GMO FXネオ

ポジション数 : 10万通貨

サヤ取り額 : 1,430円

スプレッド : -600円
(両社ともに0.3銭で計算)

総利益額 : +830円

セントラル短資とGMO FXネオのペアです。

ポジション数を増やそうとした途端、サヤ取り額が減ってしまい、様子見のまま10万通貨のままフィニッシュです。

Season2

期間 : 2019年9月2日~12月31日

買い口座 : セントラル短資

売り口座 : みんなのFX

ポジション数 : 100万通貨

サヤ取り額 : 15,200円

スプレッド : -6000円
(両社ともに0.3銭で計算)

総利益額 : 9,200円

高スワップポイントがウリのみんなのFXを売り口座側に使います。

このみんなのFXは 買い と 売り が同値なんです。わかりやくていいですね。

いきなり100万通貨でのスタートです。

始めた瞬間に、セントラル短資のスワップポイントが14円 → 13円になるという相変わらずのセントラル短資のいやがらせ。。。

 

10月に突入したところからやっとプラスに転じました。

スプレッド分の回収はピタリ1ヵ月でした。

が、みんなのFXのスワップポイントが-11円 → -12円になり、サヤ取り額は1円/日となりました。悲しみ。。。

100万通貨でサヤ取っているので毎日100円、週で700円です。小学生のお小遣いですな。

10月最終週くらいから、セントラル短資のスワップポイントがときどき14円/日になる日があります。この調子で上がってくるとうれしみですな。

 

11月はスワップ差額が2円/日が2日間だけありました。

あとは全部1円/日で安定ですね。まぁまぁまぁ。。。

 

12月に入ったとほぼ同時に、両社のスワップポイントが下がりました。

結果変わらず1円/日の様相です。

そろそろサヤ取り会社を見直そうかと思っていましたが、いい感じのスワップポイントを提供している会社がありませんでした。

キリがいい時期なのでメキシコペソのサヤ取りは撤退することにしました。

サヤ取り結果総計

期間 : 2019年7月16日~12月31日(169日間)

サヤ取り額 : +16,630円

スプレッド : -6,600円

総損益額 : +10,030円

 

まとめ

各社のスワップポイントの差が以前より狭くなってきたことと、スワップポイント自体の変動が頻繁になってきたことで、サヤ取りが思うような利益がとれなくなってきました。

必要金額を25,000円に設定していたので、開始直後のサヤ取り額は4円/日では、年間利回りは5.8%でした。(スプレッドを考慮しない場合)

ところが、1円/日となった今の年間利回りは1.5%になってしまいました。

よって、2020年からは別の手法で利益を狙うことにしました。

 

安く買って高く売るという投資の基本に帰りましょう。

相場を読めない私でもできる、そして昔から結果を出しているリピート系トレードに参戦します。

どうぞよろしく。

【連続予約注文 USD/JPY】2020年1月~実施中 1年8ヵ月経過はせひろ(@hshr_05)です。 マネーパートナーズのPFXnanoの連続予約注文を利用したドル円(USD/JPY)のトレード結...