投資信託

【つみたてNISA@楽天証券】3倍ポイント終了に際して、買い付け方法をクレジット決済に変更

手堅くいきたい投資信託部門、編集長・はせひろ(@hshr_05)です。

楽天銀行からの毎日積立による楽天スーパーポイント3倍取りが、2019年6月25日をもって終了となりました。

実質3%還元という破格のお得度だったので残念すぎる。。。

これに際して、つみたてNISAの運用を見直し、買付方法をクレジット決済に変更しました。

これまでの買付方法

楽天銀行のハッピープログラムで、15のファンドに毎日100円積立すると、1カ月で900ポイント以上もらうことができました。

さらに、ポイント獲得回数は余裕の30回越えで、ランクはスーパーVIPでATM手数料無料7回、振込手数料無料3回の恩恵がありました。

2019年6月分のポイントとランクです。

自動でこれだけのポイントを毎月もらえていたんです。興奮します。

 

ハッピープログラム仕様変更

2019年6月13日に楽天証券から送られてきたメールです。

2019年6月26日 00:00以降の反映分からハッピープログラムの対象サービス、取引件数のカウント条件および、ポイントの獲得条件が一部変更となりますので、お知らせいたします。

楽天証券からのお知らせメールより

自動入金(スイープ)で毎日積立したとしても、一カ月で付与されるのは3ポイントになるとのこと。

ポイントという観点からみると、スイープによる毎日積立のメリットはなくなりました。

よって、別の買付方法を考えなければいけません。

 

これからの買付方法

さすが楽天さん。買付でポイントを得る方法は他にもありましたよ。

楽天カードによるクレジット決済です。

100円につき1ポイント付与されます。さらにSPUの対象で楽天市場のポイントが+1倍されることも地味にうれしい点です。

 

買付設定

毎日積立の解除

今まで積立してきたファンドは解約せずにそのまま残しておくことにします。

したがって、それらのファンドの積立設定を解除する必要があります。

スマホ版での積立解除操作がわかりにくかったので、SSを交えて手順を説明します。

  1. メニューを開いて投資信託を選択
  2. 積立設定照会・訂正・解除を選択
  3. ファンド名一覧から解除したいものを選択
  4. 展開画面で解除

『解除』は積立の中止のことで、今までの積立金はそのまま残ります。一方、『解約』は決済のことなので、積立金は全て売却されます。

楽天カードクレジット決済による買付

普通に目的のファンドを買付するだけですが、注意点は『楽天カードクレジット決済』を選ぶこと。『楽天カード支払口座からの引落』はダメ、罠です。

また、500円以上(ポイント含む)の投資で、ポイント利用に1ポイントでも設定しておけば、SPUの対象となるので楽天市場のお買い物が+1倍されます。

このポイント利用ですが、個別に設定できないので注意です。

クレジット決済の買付は毎月1日に1回、買付設定の締め切り日は12日です。(7月12日までに設定すると、最初の買付は8月1日になる。)

買付ファンドの選定

楽天カードによる決済では100円につき1ポイント付与されるので、ファンド数を無駄に稼ぐ必要はありません。

また、ちょうどiDeCoでの運用も開始したので、運用ファンドを再選定しました。

【つみたてNISA@楽天証券】ファンド選び

【iDeCo@楽天証券】運用商品選び

 

まとめ

正にハッピーな仕様が変更されて残念だけどしょうがない。実質3%還元というのがおいしすぎたんです。

楽天カード決済での1%でも十分高還元ですよね。

これを機会にiDeCoを開始することにしました。口座は楽天証券です。

iDeCo口座の開設には時間がかかります。(私の場合は実質2ヵ月程)

【iDeCo@楽天証券】iDeCoの解説と口座開設手順

つみたてNISAに月1万円、iDeCoにも月1万円の積立で、しばらく運用していこうと考えています。

【つみたてNISA@楽天証券】実績報告

【iDeCo@楽天証券】実績報告

 

今回の仕様変更により、楽天銀行のスーパーVIPの特典も受けられなくなると思いましたが、それについては方法が残されていました。

【楽天銀行 ハッピープログラム】スーパーVIPになる方法